オリジナルマシン製作その後。

少しずつだけど、製作進行中。 
どうせ作るなら自分のだし、色々こだわって&遊んで作ってやりたいもので・・・・

エンジンは単気筒シングル。
振動やら何やらとちょっと気になる部分もあるんだけど、
とりあえずバランサー装備のエンジンだしってことで、リジットマウントを採用。
ラバーマウントなんかも考えたけど、ちょっと手間がかかるんで…
いや、ただ単に面倒だったのと、とにかく早く走らせたいからという理由がほとんどww
まずは仮組みだったリア周りをしっかりとカラーなどを入れて、
ちゃんとした車体状態に。
3XVはリアサスのアッパーマウントが別体になってるんで、そこの隙間にワッシャーを入れてやることで車高調整が可能。
いろんな厚みのシムを作ることで好みの車高にセットできる。
良い機構ですなあ。
とりあえずここに1.2mm厚のワッシャーを数枚セットしておきました。
リアサスは3XV用ではなく、TZ250用を使用するためサス長が5mm短いのでそれを加味してセット。
この車体姿勢をベースにエンジン角度を決定しました。


まずはメインとなるマウント材を切り出し。
3mm厚のアルミ角パイプを使用。
ドライブスプロケットセンター~ピボットセンター~リアアクスルセンターの位置関係も良さそうです。

続いてメインマウントの補強パイプを切り出し。
こっちは2mm厚材を使用して、炙って曲げ加工。

まだ溶接はしていませんが、こんな感じ。
後はこの2本を覆うように板材でカバーするような補強の予定。
剛性的には良い感じではないかと。
…まあ、クラックに関しては走行してみながら随時チェックで。

続いて以前に中古で仕入れ、ガレージに転がっていたYZF-R6用のモリワキのバックステップを発見し、これを使おうと画策。
もちろん取り付けのピッチは違うので、取り付けプレートを作ってしまいました。
かなりガレージの機械では苦労しましたが…

完成。
4ポジション仕様です~
下の前、今付いてる部分がSTDステップ位置の3mmバック状態。
ここからバックのみ、アップのみ、バック&アップの4つがチョイス可能。
おお、何か豪勢な感じww

で、先日入手した3XVタンクを乗っけてみてシート位置を考える。

低いなあ…
まあ、このころのシート位置って今に比べると低いんですよね。
もちろんそれに伴って車体バランス考えてあるから、問題は無いんだけど。
まあ、ぶっちゃけ気に入らない。
シートもノーマルカウルとか使わないし、やっぱ取り外し可能なシートレールの方がカッコいいし。
…まあ、そういった個人の考えで……

ぶった切ってしまいましたww
うん、すっきりしてカッコいい。

カットした部分にアルミで取り付けボスを溶接するため、綺麗に下地処理。

まだシートレールは現在制作中なんで写真は無いですが、
製作途中のパイプを使用して、取り付け予定カウルで位置決め。

カッコよくねぇ?
完全な自己満足状態ですが、満足な感じ。
思い切ってリアをあげてみましたwwww
ちょっとスイングアームが立ちすぎてホイールベース短い感じするんで、
ワッシャー抜いてもう少しリアを下げる予定ですが。

徐々に進行中。
早く走りた~い!!!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL