BANDITは納車されました。

いや、だらだらと作業記録を延び延びに書いていましたが、既にBANDITはオーナー様の元へ納車されています。
エンジン始動チェック、試乗チェック共に良好。
かなりいい状態に復活して、オーナー様も喜んでもらえました。

で、このGW中に部品も届かないことだし、
ずっとガレージの肥やしとなっていたMYバイクの部品たちをいい加減つくってやりたくなり、
ちょっとずつ作業をやってました。

何のバイクか分かりますかね?

GW初日29日には部品を塗装。

前後ホイール、ステム、フォークアンダーをウレタン塗装。
完全マットブラックではありませんが良い感じの3分ツヤってところ。

なかなか良い感じでしょ?

1日には仕事上がってからいよいよスイングアーム加工をしてました。
搭載エンジンの後ろ側マウントがスイングアームピボットと共締めなので、
いらない部分をカットして、エンジンケースに圧入されているカラーを20㎜に拡大。
チェーンライン優先でエンジン位置を決めました。
で、

ホイールに黄色いリムラインも入れてしまいました。

ピボット部分はこんな感じ。
ピボット内部の処理などはちょっと秘密で。
切り落とした分スイングアームに大穴があいているので、あとで溶接が必要ですけどね。

そして最終日の昨日。
プラモデルを買って待ちきれなくてすぐに作ってしまうウチの息子のことを言えないくらい待ちきれませんでした。
とりあえず仮組みしちゃおう…

で答えがこれ。
TZR250(3XV)の車体にWR400Fのエンジンを搭載させた3XV-mono(仮)です。
カッコいいでしょ?(異論反論、クレームは受け付けません)
ちなみに前側のエンジンマウントはタイラップで吊ってますww
エンジン角度を決めるのにもちょうどいいので。
フロント廻りとリアサスはTZ250レーサーのもの。
フレーム、スイングアームなどはTZR250(3XV)。
ちょっとリアが下がりめでフロントが寝てる気もするけど、一度乗ってみてからだな。
このままの車高で具合が良いなら、どうせシートレールカットして作り直すからその時に位置合わせしよう。
うむ。

いよいよカタチになってきたので俄然やる気が湧いてきました!!
7月の走行会にはシェイクダウンしたいが…
間に合うかなぁ?

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL