本当はもう作業終わってるんですが…

更新してないものだから、ここ1カ月ずっとBANDITやってるみたいになってるもん吉です。
こまめにアップすればいいんですが、ついつい寝てしまいます。すみません。

さて。
本日はキャブO/Hの状況を。

車体から外し、一気にバラしてしまいました。

って写真撮るの忘れてただけなんですが。

さすがに3年放置車。キャブの中は腐ってガムみたいになったガソリンで素敵なことになってました。
腐ったにおいがガレージ内に充満・・・このにおいってなんでか鼻から消えてくれませんよね。ずっと漂ってくれます。

まずは外した部品を洗浄して再使用できるかチェックします。
Oリング系統はほぼ全て全滅なので交換は間違いないのですが、今回はフロートバルブもアウトでした。

各気筒ごとに分けて綺麗に洗浄しました。

ここで大問題が発生!!

何と4番のキャブのパイロットジェットが舐め切って外せない!!
どうも購入時からのトラブルの様で、最初はちゃんとジェット穴が詰まっていなかったから走れていたみたい。
おそらく前オーナーが外そうとして失敗でもしたんでしょうか?
今回の放置で穴が詰まってしまったため、外さないと洗浄できない…
しかし外すことができないので、ジェットをドリルで掘って取り除くことに。

失敗=キャブボディ破壊につながるのですごく憂鬱な作業です。

ボール盤で位置を決めて少しずつ径を拡大しながらジェットを掘っていきます。
掘っては確認しながら作業を進め、何とか成功!!
ボディ破壊しないで済みました。
正直やりたくない作業のトップ3に入りますね。

洗浄したパーツ類。
細かい部品がいっぱいです。
ボディの方もしっかり洗浄剤に漬け、全ての穴がちゃんと通っていることを確認して組み付けに入ります。

ジェットブロックという部品。ここには四角いOリングと丸いOリングがあります。
この部品はパーツリストには載っていません。
発注できないかとドキドキしましたが、何とか部品番号を入手。
無事に発注出来ました。

ジェットブロックを入れてから、ニードルジェット(メインノズルとかニードルホルダーとかとも言います)を挿入。
ちゃんと切り欠きを合わせて向きを間違えないようにします。

ニードルジェットの下にはメインジェットが付き、これでニードルジェットを固定します。

この状態で一度スロットルバルブを入れて、スムーズに上下するかを確認。
ジェットブロックが少しでもちゃんと入ってないと途中で引っ掛かったりしてしまいます。
必ず確認しないと駄目な部分ですね~
ちゃんとスムーズです♪♪

汚い手ですね・・・すみません。
この穴にパイロットジェットを入れ、

締めつけます。
そんなにガンガンに締める必要もないですし、オーバートルクはまた同じような破損を招くので注意。

新品のフロートバルブを取り付け、フロートをつけたら油面調整。
パイロットスクリューも取り付けして、とりあえずばらす前の3/4回転戻しにしておく。
付け忘れやミスは無いか確認してカバーを閉じる。

ひっくり返してスロットルバルブを組み付けます。
トップキャップを閉めて…

いきなりバイクの上にありますが、完成です!!
あとは車体に取り付けていよいよエンジン始動です!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL