更新さぼってました…BANDIT続き

あれこれと忙しく動いていて、更新さぼってました。
すみません、もん吉です。

前回の予告通りフロント廻り編です。
まずはチェックしながらフロント廻りをさくさくとバラしていきます。
一気にはしょってこんな状態に。

フレーム側、ステム側共に洗浄。

ステムのベアリングの状態も良い感じで、交換の必要はありませんでした。
たっぷりグリスアップして組み付け。

ステムナットの締め付け具合に注意が必要です。
ガタが出ない程度にゆるくてOKです。トップボルトを締め付けると緩むことも無いですし、
セルフステアを阻害しないことが大事です。

続いてフロントフォークのO/H。

一気にバラしてしまいます。
フォークオイルは結構汚れていましたねぇ。
インナーチューブの曲がりはありませんでしたので、洗浄します。

変な傷も無く、ほとんど再利用可能でした。安心安心。
オイルシールとダストシールは新品に交換の上作動チェックをしながら組上げます。
続いてフォークオイルを充填。
何度も伸縮させてエアを抜き、1日放置してしっかりエアを抜いてやります。
ちゃんと抜けたのを確認して、
油面調整用のツールを使って、マニュアルの規定値通り油面を合わせる。
これでフォークは完璧!!

O/H済みのフォークをステムに組み付けていきます。
トップブリッジも取り付けてから下からフォークを差し込む。
何の抵抗も無くするっと入れば問題なし。
簡単に入らない場合はフォークかステムが曲がっている場合もあるので要注意。

何の問題も無く入ってくれました。

アンダー、トップのフォーククランプボルトをトルクレンチで締めつけ。
オーバートルクで締めるとフォークの動きを阻害するので、ちゃんとトルク管理しましょうね。

スムーズに動くフロント廻りが出来ました~
さらにアウターチューブがちょっと汚かったので…

磨いておきました!!

やっぱり綺麗な方が気持ちいいですからね。
本日のアップはここまで。
続きは次回!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL